カテゴリー別アーカイブ: 未分類

大物ニジマスと苦い思い出

つりぐ買取ドットJPの東京地区担当ライターのメイフライです。 主に北海道でフライフィッシングを楽しんでいます。
まさにフライフィッシングの最盛期です。この時期、思い出すのは大型ニジマスとのバトルです。十勝の小さな河川、幅が3mぐらいしかないのですが、30cmぐらいのニジマスが良く釣れる川でのことです。
流したフライがひったくられるようなバイトがあった直後、強烈な引きでロッドが絞り込まれました。持っていたのは3番ロッドだったので、右に左に走り回る大物に両手でロッドを掲げで耐えるのがやっとの状況でした。
それを見ていた友人がランディングネットを持って助けに来てくれました。右往左往する私とその彼。しばらくバタバタしながら、やっとの事でネットにゲット。50cm以上の太ったニジマスでした。二人とも興奮気味。小さな川だったので、こんな大物が潜んでいるとは夢にも思いませんでした。
写真を撮った後に、ニジマスをリリース。ホッとした後に友人の悲鳴が。何と彼のロッドが折れていたのです。ランディングネットを持って駆けつけた際、ロッドを地面に置いたのですが、魚を折って右往左往していた時に彼自身がロッドを踏んでしまい、あえなく折れてしまったのです。
そのロッドは購入したばかりの高級カーボン・フライロッドでした。カーボンロッドは実は折れやすい性質で、踏まれたらほとんど折れてしまいます。ロッドを置く時は地面に放置するのは厳禁ですね。樹木でも何かに立てかけないと悲劇が生まれてしまいます。
実は筆者も2回ロッドを折ったことがあります。ロッドをつないで振ったところ、ポロリと。これはロッドに傷がついていて折れたのでしょう。もう一度は、バイトに合わせたのがかからず、返したロッドティップが岩にあたってポっきんと。ロッドは大事に扱わないといけませんね。
幸い友人のロッドは永久補償がついていたので、無償で修理できましたがそのシーズンは使えませんでした。皆さんもロッドを地面に放置するのは避けましょう。

12時間耐久海釣り

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

仕事休みを頂戴したので、これは釣りに行くしかないと思い、千葉の館山に釣りに行って参りました。出発は、夜中の2時半で期待を込めて荷物を車に積み込み約2時間、釣り開始は午前5時。夜も良い感じで明けてワクワクしながらリールに糸を通していると、先客に大物の当たりが!!

期待度も大きく高まり、先客は60センチオーバーのボラを釣り上げていました。確かにここにはボラですが大物はいると感じ、すぐさま投げ竿の用意と浮き釣りの用意をして、魚を待ちました。すると投げ竿にすぐさま当たりが。

手応えは、あまり強い引きではなかったのですが、釣り上げたのは、15センチ程のショウサイフグでした。食べたら美味しい高級魚ですが、免許がないと捌けない魚という事もあり、悩んだ挙句とりあえずバッカンにいれて確保。

気を取り直して釣りを続行していると、浮き釣りにも投げ竿にも当たりはあるものの、釣れるのは全て食べれない魚の代表でもあるクサフグでした。せめてショウサイフグにしてくれと思いながら、全てリリース。クサフグも料理次第では食べる事が出来ると聞いた事がありましたが、リスクを犯す自信は僕にはありませんでした。

クサフグと格闘していると他の釣り人が30センチ程のイシガキダイをヘチ釣りで釣り上げていました。レアな魚に羨望の眼差しで見ていると僕にも当たりが。それは安定のクサフグでした。ちょいとしたヒキは味わえるので、クサフグも良いかなと思っていると、頑丈な歯で針ごと折られてしまい、クサフグワールドに翻弄されている僕。

気がつくと昼の12時で、釣れたのはショウサイフグ一匹とクサフグ大量、餌もまだたっぷりあったので、釣りを続行する事にしました。この日の餌として用意したのは、イソメとオキアミとコマセで、アオイソメの投げ釣りの方が当たりは多かった印象でした。クサフグですが。

昼食も忘れて釣りをしていると浮きが沈み合わせると、そこそこの引きが。期待して巻いていると、小ぶりのメジナが。15センチほどでしたが、フグではない事で良かったと思い、メジナはクーラーにて保存。リリースを考えましたが、針を飲んでしまっていた為に、夕食としていただく事に。

結局その日はショウサイフグはリリースして、お持ち帰りは、メジナ1匹でした。夕方の5時までたっぷりと釣りを行い12時間での釣果はイマイチでしたが、自然を感じられた事もあり、リフレッシュ出来た釣りでした。

大物が釣れる場所を研究してリベンジを誓う釣りでした。

ノースランド フライロッド ウェットキング 9f #5-6をお買取しましたら♪

【ノースランド フライロッド ウェットキング 9f #5-6】をお買取しましたら♪

ありがとうございますら!

傷の申告を頂きますとより正確に金額オンライン査定時に算出致します。どうぞよろしくお願いしますら♪

お買取価格はコンディションや日々の買取相場により変化いたします。

お持ちのタックルのお見積りのご用命はこちらからら

クロダイを求めて館山へ

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

暑い日が続いていますが、私の釣り熱も燃えています。という事で、館山にクロダイを求めて釣りに行ってきました。

いつも通り仕事が終わった後すぐに、道具を車に入れていざ!館山に向かいました。車で約2時間走り、現地に着いたのが夜の11時でした。東京からだとアクアラインも使える事で、時間もそんなにかからずに到着しました。11時に着きましたが、現地にはすでに釣り人がいて焦って竿を出しました。

5.3mの磯竿に電気ウキで、エサはオキアミで軽く投げて魚を待ちました。一緒にルアー竿に天秤のちょい投げ仕掛けで、エサはアオイソメで館山で有名なヒラメやイシモチなども同時に狙いました。釣りを始めてから3時間、ちょいちょいあたりは来るものの小さい魚が突っついている様なあたりでイマイチな時間を過ごしていましたが、ウキ釣りの磯竿にあたりがあり、巻き上げると10センチくらいのサバでした。もうサバはいらないよ~と思いながらしっかりとクーラーで保管しました。

釣りを始めて6時間が経ち、すっかり明るくなってきましたが、相変わらずあたりは、サバのみでした。明るくなってきたので、コマセを撒きながらウキ釣りを本格的に始めました。釣り人もほとんど帰って、釣り場には私一人で釣りやすい環境でしたが、いかんせんあたりが無い。。

コマセを撒きながらじっとウキを眺めていると待望のウキが沈み、巻き上げると15センチほどのメジナでした。メジナ嬉しいけど小さいな~と思いながらしっかりクーラーで保管しました。小さいながらメジナのヒキはそこそこ良く、手ごたえのある魚に出会えた事に喜びを感じていると明らかにウキの沈み方が違うあたりがありました。急いで合わせると手ごたえ的にはかなりの大物がヒットしました。完全にこれはクロダイだと自分に言い聞かせて、格闘していると最後の取り巻きのところで、テトラに入られてしまいました。まさかここまで来てと思い、慎重にやり取りをしているとテトラで擦れて、糸が切れてしまいました。

逃がした魚は大きかったという事はまさにこのことか。と少しの間悔しさで動くことが出来ませんでした。茫然自失で、その後もあたりはなく13時に竿をしまい、帰りました。13時間ほど釣りをやって、やっと来たあたりを手にする事が出来ずにとても悔しい思いをした釣りでした。

その日は、悔しくて寝れなかったのですが、次こそはクロダイを釣る事を決めた釣りでした。

感動!!堤防で高級魚のマゴチを釣り上げる

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

暑い日が続いて、それと同時に釣りに行きたい衝動に駆られて神奈川の油壷に釣りに来ました。平日の休みで、1人でのんびりと釣りをしようと思い、いつもボートで行く釣り場ではなく新しい場所の開拓を兼ねて車で2時間かけて釣りに行きました。

出発は朝3時、はやる気持ちを抑えて、途中安定の釣り餌でもあるアオイソメを購入して、意気揚々と朝5時から釣りを開始しました。

5時になるとすっかり明るく釣り人も何人かいましたが、4.5mの磯竿にスピニングリールの相棒でもあるバイオマスターを装着して、軽く遠投気分でちょい投げしました。朝だから活性が高いのかすぐにあたりがあり、巻き上げると10センチほどのシロギスでした。

ちっこいのでリリースしましたが、その後も釣れるのは小さめのシロギスばかりでした。針を飲んでしまったシロギスはしっかりクーラーに保存して、もう一本の竿を出そうかと準備していると1本目の竿がカタカタと揺れだし、竿を持った時には、鋭いあたりが。

明らかにシロギスではない引きにドキドキして巻き上げようとしましたが、魚もそこそこ大きい様で、魚との軽いやり取りが楽しめるほどでした。5分程格闘の末に顔を出したのは35センチほどのマゴチでした。

高級魚マゴチが釣れるとは!と感動していると隣の釣り人が自分より大きな50センチはありそうなマゴチを釣り上げていました。

それを見て俄然やる気が出て、竿を二本準備してまさに臨戦態勢でスタンバイしました。しかしその後あたりが全く来なくなり、気が付いたら寝てしまっていて2時間ほど寝釣りをしてしまいました。気が付くと朝9時半過ぎていました。

12時までの釣りと決めていたので、残り2時間半でどうにかあたりが来ないかと粘っていると、残り30分ほどに再び大きなあたりがきました。巻いている感触ではかなりの大物で、これはと期待していると巻き上げるタイミングが少し遅れてしまったためか根に潜られてしまいました。

こうなると魚が出てくるのを待つしかないと魚とひたすら我慢比べをしました。30分程格闘していると魚が諦めて出てきた様子。すぐさま糸を巻き取り長い闘いを制しましたが、なんとまたマゴチでした。しかも最初のより小さいマゴチ!!釣りとしては楽しめたので大満足の結果でした。

予定時刻を1時間オーバーしてその日の釣りは終了。マゴチ2匹と小さなシロギス10匹でした。久しぶりに大物の手ごたえに楽しかった釣りでした。

次は50センチオーバーを釣ろうと心に決めて帰路につきました。

道東解禁ヤマメと動画撮れてない地獄

道東のヤマメ きれいっす。

熱い日がつづきますね!私が釣行エリアにしている道東も、、、珍しく熱い!
夏でも長袖、場合によってはフリース来てるのが常なのに最近は違う!

そんな時は、涼し気な釣りをという事で、近場の渓にいって、テンカラとフライ&エサ釣り(節操ない)でヤマメを狙うってなものでここ2週間程、頑張っております。

これは、前回釣れた3匹のヤマメです(笑)家族では僕しか食べないので、こんぐらいの持ち帰り量でokです。(ホントかな。。。?)※イワナはいっぱい釣れましたが、全てリリース。

今回の食べ方は、三枚におろして、塩コショウをまぶして、

ヤマメの三枚おろし

 

バーベキューでやいてみます。

ヤマメの塩コショウ

 

うーん、前回の塩コショウ+片栗粉の素揚げヤマメのほうが美味しいかったかな?

料理って難しいですね。。。

 

今回、アクションカメラの動画をupしてみようと思っていたのですが、
(テンカラとか初めてやってみたので、動画上げてみたかった。。。)
カメラ熱暴走で爆釣シーンとれてないんですよね。。。
これって、釣り動画アルアルなんでしょうか?

次回は動画を上げてみたいと思っています!

それでは、また!

北海道豪雨から再生している十勝川

つりぐ買取ドットJPの東京地区担当ライターのメイフライです。 主に北海道でフライフィッシングを楽しんでいます。
平成28年8月、北海道豪雨災害は十勝川をズタズタにしました。大きな流木や岩が上流から流れ、2、3ヶ月はチョコレート色の濁流が引きませんでした。今年になって、川の流れはすっかり変わってしまい、失くなった好ポイントもありました。
春先は、十勝川に釣り人よりクレーンの数の方が多かったほどです。6月に現状を見るためにも十勝川を訪れました。確かに見るも無残、昨年まで深みのあったポイントは流されてきた土砂で浅瀬になってしまってます。まだ生木の流木がその姿をさらしていました。
本来なら、マッチザハッチでライズが見える6月ですが、川面は静かに流れています。しばらく川側を歩いてみました。しばらくすると、ちょうど流れ込みからの深場が見えました。周りに虫は飛んでいます。条件はいいけど、はたして魚は戻っているか。
しずかに、10番のパラシュートをキャストしました。流れ込みの落ち込みの流れの横を通った時です。小さなライズで、フライをひったくるようなバイト。思わず合わせました。結構な引きです。左右に走り回りましたが、しばらくして足元に寄せました。きれいな40cm弱のニジマスです。お腹がパンパンに膨らみ、元気いっぱいでした。
十勝川は生きていました。大事にリリースしたニジマスは再び深みの中へ。結局、その日は十勝川でそのニジマス1匹だけでしたが、再生している十勝川にうれしくなりました。

 

戦慄!闇夜の海釣り

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

釣り雑誌を見ていたら不意に釣りに行きたくなり、仕事休みの日に夜釣りに行ってきました。釣りへの高揚感を抑えつつ、釣り場は、千葉県の銚子の港で、初めて行く場所だったので、不安と期待に胸を躍らせていきました。

自宅から車を飛ばして約2時間半、遠出した感じと夜という事もあり、人気のなさがまた、釣れそうな雰囲気を漂わしていました。

釣り場に着いたのが午前1時で真っ暗でしたが幸い、街灯の真下で釣りが出来たので、夜釣りとしての環境は良かったです。とりあえず安定のケミホタルをつけて、アオイソメで投げ竿として1本キープして、もう一本は電気浮きに餌はオキアミで夜釣りを開始しました。

釣りを始めてちょくちょくあたりがきたり、ウキが沈むのですが、ヒットはなかなかせずに歯がゆい時間が1時間ほど経ったときに念願のヒットがきました。テンション高く糸を巻いているとどうやら小物がヒットしているような感覚でしたが、巻き上げると釣れたのは10センチほどのサバでした。魚が見れた喜びで、サバでも小物でも嬉しかったです。とりあえずサバの頭を折ってクーラーで保存。

次の当たりを待っていると置き竿の投げ竿に大きなあたりが、慌てて巻くと思った以上に重たくなんだろうとワクワクしながら見るとアナゴが釣れていました。初めて釣り上げた30センチほどのアナゴをテンション高く触るとヌルヌルでしたが、どうにか捕まえてクーラーに保存。

その後はちょこちょこと小さなサバが釣れていましたが、気が付いたら夜があけて時間は5時に。帰ろうかなと思いましたが、水面をよく見ると魚の群れらしきものが見えたので、急いで、仕掛けをひっこすりサビキに変更して、アミコマセを餌にして群の中に投入しました。釣れたのはなんとサバでした。またお前かと言わんばかりでしたが、ひっこすりサビキでは針が6本ついているので、3匹や4匹は当たり前に釣れて爆釣モードでした。気が付いたらクーラーがサバで溢れていました。

7時まで竿を出して釣れたのは、サバとアナゴと外道のサメでした。夜釣れた時はびっくりしましたが、銚子のほうにはサメが多いのか5匹ほど釣れました。全てリリースしましたが、完全なるサメ肌でした。

その日の夜にはサバ料理をつまみにお酒を楽しみ良い釣りになりました。

アナゴはしっかり目打ちして捌きましたが割とうまく出来て、蒲焼で美味しく頂きました。

次はどこ夜釣りに行こうかと作戦を巡らせて、大物ゲットへの想像をして次の釣りに望む私でした。

 

夜釣り!激闘の末に

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。
仕事の合間に釣具屋に行ったら釣りに行きたくなってしまい、その日の夜に夜釣りをしに行く事にしました。

何を釣ろうか考えている間もなく、次の日仕事はどうでもよいというスタンスで、とりあえず大物狙いで、若洲海浜公園へ。
車を走らせて40分程で、到着したのは、午後11時で、11時半から夜釣りを行いました。

ネオバーサルのルアーロッドに大きめの天秤と2本針りにアオイソをチョンがけして軽くちょい投げで、あたりを待ちました。リールはバイオマスターの4000を使用して餌は奮発して3種類のアオイソメとオキアミとさんまの切り身を釣具屋で途中で調達しました。

若洲公園は、6月という事もあり釣り、場は心地よい風と共に良い潮風で、釣りをしている自分に酔いしれていました。釣り人は私以外に誰もいなかったので、のんびりと釣る事が出来ました。平日の夜中に釣りをしている人なんかいないだろうなと思ってましたが、誰もいませんでした。

酔いしれながら当たりを待っていると釣りを始めてから3時間ほどで、大きな当たりがありました。しかし合わせが失敗したのか惜しくもヒットする事は出来ませんでした。
油断していた時に当たりは来るものなんですね。
逃がした獲物は大きかったという言葉がある様にとても悔しい思いをしました。

途中で、餌をオキアミやイワシの切り身に変えてみても当たりはなく、朝を迎えてしまいました。
朝焼けが綺麗で、魚を釣れなくても海に立っているだけで幸せだと感じながら、仕事へのカウントダウンと共に何か釣りたい気持ちがこみ上げてきました。朝の7時半ごろには終わろうと思っていましたが、まさに最後の20分前に待望のヒットがありました。
待って待って待って、やっとのヒットだったので、慎重になりながら巻き上げると、手ごたえや引きはあまり強くはなかったのですが、20センチほどのセイゴが顔を見せてくれました。

最近の釣りの中で一番嬉しい瞬間で、しっかりと写真を撮った後に、海にリリースしました。20センチクラスのセイゴでもそこそこ引きは楽しめる事が分かり、その日は最後の最後、明るくなってから釣れたセイゴ一匹で、竿をしまいました。

次はもっと大物を狙おうと心に決めて、そのまま着替えて仕事に向かいました。
目標は大きくスズキやクロダイで、次の目標をしっかり心に決めました。

後、釣りに行くのは休みの前の日か休みの日にしようと感じた釣りでした。仕事よりも釣りなそんな気分の釣りでした。

ダイワ 【へら竿 F15】をお買取しましたら♪

ダイワ 【へら竿 F15】をお買取しましたら♪

ありがとうございますら!

傷の申告を頂きますとより正確に金額オンライン査定時に算出致します。どうぞよろしくお願いしますら♪

お買取価格はコンディションや日々の買取相場により変化いたします。

お持ちのタックルのお見積りのご用命はこちらからら