レスターファイン シーズコンダクター 63ML を使用し初ブリジギング準備です。

はじめまして、よしおと申します。

■ブリジギング初めます■

北海道でルアーやフライでトラウトを遊んできましたが、
この度ブリジギングに手を出すことになりました。
友人に誘われたのもありましたが、
ここ最近の北海道のブリの水揚げが鮭やサンマに比べて
反比例するかのようにブリがいっぱいとれて、鮭やさんまが不漁になっているとよくテレビのニュースやWEBなどで見ききします。
海水温のせいとか色々な要素が絡み、北上を続けたブリが大量に取れているときいて
今や北海道の魚になりつつあるブリってどんな引きするんだろ?って思っておりました。(脳内は魚釣り。。)
そして、鮭釣りで釣れなかった日に
友人に「鮭いってますか~?」って釣果情報入手がてら連絡してみたら
友人「今 ブリの帰りでさー おもしろいぞー」って所から脳内はブリにかわってしまいました(笑)

そして、9月に入り秋も深まってきたこの時期にブリジギングを始めることになったわけです。
このシーズン終盤ではじめるのかよ!ってのはご愛嬌ってことで(汗)

では準備編として
もちろん ブリジギング用のロッドとリールですね

■ロッド:レスターファイン シーズコンダクター 63ML

ボロンが入っているとのことで、感度が良いとのこと トラウトなどでもボロンロッドあり使ったことありますが、底を取る感覚など取りやすいんだろなってことで
こちらを選択しました。正直舟での釣りが初めてなので、感度とか繊細なところは、おそらく分からないで終わるとは思っていますが(笑)

ジギングロッドを買い取っています!!詳細はこちら

■リール:ダイワ キャタリナ 4500H

「シマノならツインパワーかダイワはキャタリナクラスから選ぶと間違いないし良いとおもうよ!!と」 とある情報筋から手に入れまして(友人ですけどね)
ダイワのキャタリナHGを選択しました。 HGかPGかよく迷われる要素のひとつです。僕もすごく迷いましたが、最初はハイギアを選択して巻取りを早くできる釣りで挑もうと思いました。
パワー負けするのではないかとおもい少しばかしハイギアが恐ろしいですが。。

で、このタックルにて最初行きたいと思います。
ジャキーーーーーーーーーーーーーーーーーー-ン

そして、命をまもる救命胴衣、フローティングベストを買いました。

■フローティングベスト:ダイワ DF-2307 ウォッシャブルライフジャケット ポーチタイプ


ダイワのポーチタイプで腰に装着して使うタイプです。
今度どのような製品かレビュー出来たらと思っています。

あとは、タックルボックス ジグ ごっついプライヤー PEライン リーダー フック などなどそろえて準備完了です。
(今度そのブリジギングアイテムのレビューや説明なんかも投稿していけたらと思ってます)

ではではまずはこの辺で!
ジギングロッドの買取ページはこちらになります。お持ちのロッドお見積り下さい。

北海道でトラウトのいる場所は本州とは全く違う

つりぐ買取ドットJPの東京地区担当ライターのメイフライです。 主に北海道でフライフィッシングを楽しんでいます。
昨年8月台風に襲われ川筋がまったく変わってしまった十勝の川もようやく復活してきたと思ったら、今回の台風18号で再び大雨に襲われました。美生川や猿別川なども氾濫したようで、十勝の川は再びミルクコーヒー状になってしまいました。今年のシルバーウィーク、釣り人にとっては最悪ですね。濁りが消えるのも10月いっぱいかかるかもしれません。
こんな時は、濁りを避けて上流域にいかなればなりません。ところで、この上流、中流といった場所とトラウトの存在が、北海道と本州ではまったく違っているのをご存知ですか?本州では中流でルアーやフライを振っても、釣れるのはせいぜいウグイぐらいです。ところが、北海道では中流域にもトラウト類が存在します。
帯広市内を流れる十勝川でもゴルフ練習場の横で40cm近いニジマスが釣れます。空の玄関口、千歳空港のある千歳市でも街の真ん中を流れる千歳川でブラウントラウトが潜んでいます。これは、緯度が高い分、気温、水温が低いせいで街中にもトラウトが棲める環境があるのです。
さすがにイワナ、ヤマメ類はもう少し上流の方に棲息していますが、それでも標高の高い上流にいかなくてもいます。オショロコマも十勝から道東方面にいます。本州でイワナ、ヤマメをルアー、フライで釣っていれば、北海道に来るとやはり上流域に行きがちですが、実はそんなに山の中に入らなくても、トラウトがいます。
さらに中流域にいるニジマス、アメマスなどは、豊かな流れの中で育つせいか、50cmから60cmとビッグサイズが大きな淵に潜んでいるのです。街中から近い場所にいるモンスターが狙えるのが、北海道の釣りの魅力です。

ボートでのんびり入れ食い日記

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

仕事の夏期休暇をもらって釣りに行って参りました。雨続きで憂鬱でしたが、なんとか天気ももってくれそうだったので夜中に出発して神奈川県の三浦に朝の4時頃に到着しました。

三浦に到着すると小雨ですが雨も降っていたので、少し車で休憩をしてから釣りをする事にしました。雨の様子を見て釣りを開始したのは朝の7時でした。

ボートを予約していたので、手漕きのボートでいざポイントへ。

5分ほどボートを漕いでシロギスのポイントに到着し竿を出しました。ボート釣りという事ですが、選択したタックルは、トラウトロッドで、魚のあたりをしっかりと感じる事が出来るので海釣りでもよく利用する竿です

リールはバイオマスターの4000で、そろそろラインを取り替えないといけないと思いながら多少の不安を残しつつキス天秤にアオイソメをつけて第一投。

すぐに小気味の良いあたりがあり、すぐに14センチのシロギスが釣れました。その後もシロギスは入れ食い状態で、小物が多かったのですが、たまに20センチオーバーのシロギスも釣れました。メゴチやベラも外道で釣れました。

幸いだったのが、ハリを切られてしまうクサフグや毒のあるハオコセが釣れなかった事です。

午前中4時間シロギスのポイントで釣りをして、シロギスのは友人と合わせて20匹以上釣れました。小さいシロギスは、リリースしたので、数は多く釣れました。

午後には手漕ぎボートでカサゴのポイントに向かいました。カサゴ用の仕掛けは、胴付きの仕掛けで、アオイソメを一本つけて誘いながらのんびりと釣りをしました。

ですが、のんびりする間も無く大きなあたりがあり、巻いてみると20センチ程のカサゴでした。カサゴは友人と2人で4匹釣り上げましたが、嬉しい外道も多く、30センチ以上のマゴチやマハタの子供、石鯛の子供など多くの魚が釣れてとても満喫できる釣りでした。

午後には雨も止んでくれたので、天気も回復して楽しい釣りができました。3時まで釣りをしましたが、最後に釣れたのは、15センチ程のワタリガニでした。

全体的に釣れた魚は、小ぶりでしたが五目釣りとして楽しむ事が出来ました。ボート釣りをした時間は、7時間でしたが購入したアオイソメ6パックは全て使い切りました。ほとんど入れ食い状態の釣りでした。

夏休みの思い出となる楽しい釣りが出来ましたが、もう少し大物の影があればと感じた長期休みの釣りでした。

次は大物が釣れますように。

2017年9月分ヘラ竿【へら竿・ダイワ・シマノ・がまへら】など釣具価格表更新しましたら♪


2017年9月分ヘラ竿【へら竿・ダイワ・シマノ・がまへら】など釣具価格表更新しましたら♪

つりぐ買取ドットJPの釣具買取特集ページはコチラ
釣具買取価格【ヘラ竿】の過去掲載分はコチラ

※お買取価格は使用頻度が浅い程度良好状態として算出してます。

2017/09/07 更新
商品名 買取価格
へら竿 竿春 選 十四尺 80,000円
へら竿 山彦 無心 十二尺一寸    150,000円

ダイワ 荒法師 二代目 十九尺 30,000円
ダイワ 飛燕峰 烈火 二十八尺 30,000円
シマノ 飛天弓 閃光P 二十一尺 35,000円
さくら 特別御誂 江戸川 金剛 へら竿 十三尺 35,000円
がまへら 幻世峰 十八尺 60,000円
がまへら 天也翔抜 十八尺 40,000円
がまへら 華楽 十二尺 35,000円

HARDY BROS 【パーフェクトリール】をお買取りしましたら

HARDY BROS 【パーフェクトリール】をお買取りしましたら!

こんにちら~ くら田ですら!

本日お買取りいたしましたお品物を発表ですら♪

メーカー:HARDY BROS

商品名:パーフェクトリール

ありがとうござますら!

 

      お見積りのご用命はこちらからら

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

つりぐ買取ドットjP

釧路 鮭釣り

さて、お盆過ぎて道東釧路でも本格的な鮭釣りの開幕という事らしく、、、
今年から初参戦させて頂きました秋鮭フィッシング!
いそいそと近場の港へ釣行に出かけております。
アキアジは食べれるので、釣行への家族の理解が得やすいですね(笑)

<鮭釣りの記録>

2017年8月18日  防波堤でウキルアー挑戦。
私は釣れない。。。周りでは数本上がっていました。ブッコミ釣りに反応が良かったっぽい?

2017年8月23日 防波堤でブッコミ&ウキルアーの二本立てで勝負。
私は釣れない。。周りでもあんまり釣れている気配はなかったように思える。
ブッコミ&ウキルアー二本竿は、集中力が分散して疲れる。一本だけにしようかと思うが、どうしても釣りたいと言う気持ちが、

写真は取っていませんが、、、さらに数日通う。私は釣れない・・・ウキフカセなる釣り方や道東オリジナルの垂らし釣りなる方法がある事を学ぶ。フムフム(・∀・)

2017年8月27日 港で勝負。 ウキフカセでやってみる。隣の人がヒット!!
周りの人も結構釣っている(汗)
俄然やる気になり、エサ交換をコマ目にやるが私は釣れない。
釣り場のお話によると今年はタナが深いとのこと。 
なのでウキフカセをやめて、ルアー&餌オンリーで挑戦も釣れない。
(餌はにんにくカツオ塩締めエビ粉まぶし)早朝4時に釣りを開始し朝8時まで釣りする。
釣れないという話もあるが、諦められず仕事が早上がりの夕方4時に港へ行くも釣れない。
夕方は釣れないせいかやっぱり人もいなかった。

2017年8月29日 場所取りが肝心だなと心底感じたので、思い切って深夜1時半に起き、
2時に到着するも、既に良いとされる場所は全滅状態!!夕方から良いという場所に陣取らないと駄目ということですね・・・

しかもアキアジ釣れた情報が出回ったのか、一昨日より釣り人が無茶多い!!!
港にはぎっしり人。でも、この日はあんまり釣れていなかった。

8月30日 つれない

9月4日 つれない

9月5日

鯖が釣れる。

クロガシラが釣れる。

アキアジは釣れない。

たらし釣りもやってみる。見よう見まねなのであっているかわからない。。。

 

9月7日 駄目。濃霧がいい感じの雰囲気。誰かに連れ去られそう。

9月8日 ケミホタルが美しい 海面

 

 

というわけで、未だにアキアジは僕自身は釣れておりません(笑)
日記も後半になってくると「駄目」とか短くなってきましたね。まだ、諦めないぜ!

夏の海を満喫!!磯遊び!

こんにちは!つりぐ買取ドットJPの大分地区担当ライターのタカハタです。

今回、夏ということで海に、磯に出かけてきました!!

砂浜もいいですけど、やっぱりいそばですよねーー!

磯にはいろいろと美味しいものが沢山隠れています。

ちょっとした岩の割れ目などにオイズやサザエがいたりします。

本当は禁漁区なのでサザエやアワビなど取ってはいけないんですが地元の方のご協力のもと、OKがでたので海の磯でもぐってきました。

海の中はこんな感じ!

ちょっと画質が悪いかな??でもすごく澄んでいて綺麗でしたーーー!!

2時間ぐらい潜って探しました!途中でもウツボにも出会いましたが・・・・

あれはちょっとこわかったです・・でも、負けずに潜り続けました!

もぐって探して、探して、探していろいろとれました!

こちらがその貝の種類です。全部じゃないですけどね。

サザエのつぼ焼きも美味しいし、アワビもオイズも美味しかったです。

海の中にいるサザエとか撮影できたらよかったんですが、たのしくてわすれてました。申しわけありません。

他にも、カメの手やウニ、アラカブ釣りなどもやって夏の磯を満喫しました。

海の魅力は尽きませんね!やっぱり海はサイコーーーー!!!

皆さんも機会があればぜひ、磯場におよぎにいってみてください!!でも、長袖、長ズボンで行かないと危険ですよ!

 

大物ニジマスと苦い思い出

つりぐ買取ドットJPの東京地区担当ライターのメイフライです。 主に北海道でフライフィッシングを楽しんでいます。
まさにフライフィッシングの最盛期です。この時期、思い出すのは大型ニジマスとのバトルです。十勝の小さな河川、幅が3mぐらいしかないのですが、30cmぐらいのニジマスが良く釣れる川でのことです。
流したフライがひったくられるようなバイトがあった直後、強烈な引きでロッドが絞り込まれました。持っていたのは3番ロッドだったので、右に左に走り回る大物に両手でロッドを掲げで耐えるのがやっとの状況でした。
それを見ていた友人がランディングネットを持って助けに来てくれました。右往左往する私とその彼。しばらくバタバタしながら、やっとの事でネットにゲット。50cm以上の太ったニジマスでした。二人とも興奮気味。小さな川だったので、こんな大物が潜んでいるとは夢にも思いませんでした。
写真を撮った後に、ニジマスをリリース。ホッとした後に友人の悲鳴が。何と彼のロッドが折れていたのです。ランディングネットを持って駆けつけた際、ロッドを地面に置いたのですが、魚を折って右往左往していた時に彼自身がロッドを踏んでしまい、あえなく折れてしまったのです。
そのロッドは購入したばかりの高級カーボン・フライロッドでした。カーボンロッドは実は折れやすい性質で、踏まれたらほとんど折れてしまいます。ロッドを置く時は地面に放置するのは厳禁ですね。樹木でも何かに立てかけないと悲劇が生まれてしまいます。
実は筆者も2回ロッドを折ったことがあります。ロッドをつないで振ったところ、ポロリと。これはロッドに傷がついていて折れたのでしょう。もう一度は、バイトに合わせたのがかからず、返したロッドティップが岩にあたってポっきんと。ロッドは大事に扱わないといけませんね。
幸い友人のロッドは永久補償がついていたので、無償で修理できましたがそのシーズンは使えませんでした。皆さんもロッドを地面に放置するのは避けましょう。

12時間耐久海釣り

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

仕事休みを頂戴したので、これは釣りに行くしかないと思い、千葉の館山に釣りに行って参りました。出発は、夜中の2時半で期待を込めて荷物を車に積み込み約2時間、釣り開始は午前5時。夜も良い感じで明けてワクワクしながらリールに糸を通していると、先客に大物の当たりが!!

期待度も大きく高まり、先客は60センチオーバーのボラを釣り上げていました。確かにここにはボラですが大物はいると感じ、すぐさま投げ竿の用意と浮き釣りの用意をして、魚を待ちました。すると投げ竿にすぐさま当たりが。

手応えは、あまり強い引きではなかったのですが、釣り上げたのは、15センチ程のショウサイフグでした。食べたら美味しい高級魚ですが、免許がないと捌けない魚という事もあり、悩んだ挙句とりあえずバッカンにいれて確保。

気を取り直して釣りを続行していると、浮き釣りにも投げ竿にも当たりはあるものの、釣れるのは全て食べれない魚の代表でもあるクサフグでした。せめてショウサイフグにしてくれと思いながら、全てリリース。クサフグも料理次第では食べる事が出来ると聞いた事がありましたが、リスクを犯す自信は僕にはありませんでした。

クサフグと格闘していると他の釣り人が30センチ程のイシガキダイをヘチ釣りで釣り上げていました。レアな魚に羨望の眼差しで見ていると僕にも当たりが。それは安定のクサフグでした。ちょいとしたヒキは味わえるので、クサフグも良いかなと思っていると、頑丈な歯で針ごと折られてしまい、クサフグワールドに翻弄されている僕。

気がつくと昼の12時で、釣れたのはショウサイフグ一匹とクサフグ大量、餌もまだたっぷりあったので、釣りを続行する事にしました。この日の餌として用意したのは、イソメとオキアミとコマセで、アオイソメの投げ釣りの方が当たりは多かった印象でした。クサフグですが。

昼食も忘れて釣りをしていると浮きが沈み合わせると、そこそこの引きが。期待して巻いていると、小ぶりのメジナが。15センチほどでしたが、フグではない事で良かったと思い、メジナはクーラーにて保存。リリースを考えましたが、針を飲んでしまっていた為に、夕食としていただく事に。

結局その日はショウサイフグはリリースして、お持ち帰りは、メジナ1匹でした。夕方の5時までたっぷりと釣りを行い12時間での釣果はイマイチでしたが、自然を感じられた事もあり、リフレッシュ出来た釣りでした。

大物が釣れる場所を研究してリベンジを誓う釣りでした。

ノースランド フライロッド ウェットキング 9f #5-6をお買取しましたら♪

【ノースランド フライロッド ウェットキング 9f #5-6】をお買取しましたら♪

ありがとうございますら!

傷の申告を頂きますとより正確に金額オンライン査定時に算出致します。どうぞよろしくお願いしますら♪

お買取価格はコンディションや日々の買取相場により変化いたします。

お持ちのタックルのお見積りのご用命はこちらからら