クロダイを求めて館山へ

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

暑い日が続いていますが、私の釣り熱も燃えています。という事で、館山にクロダイを求めて釣りに行ってきました。

いつも通り仕事が終わった後すぐに、道具を車に入れていざ!館山に向かいました。車で約2時間走り、現地に着いたのが夜の11時でした。東京からだとアクアラインも使える事で、時間もそんなにかからずに到着しました。11時に着きましたが、現地にはすでに釣り人がいて焦って竿を出しました。

5.3mの磯竿に電気ウキで、エサはオキアミで軽く投げて魚を待ちました。一緒にルアー竿に天秤のちょい投げ仕掛けで、エサはアオイソメで館山で有名なヒラメやイシモチなども同時に狙いました。釣りを始めてから3時間、ちょいちょいあたりは来るものの小さい魚が突っついている様なあたりでイマイチな時間を過ごしていましたが、ウキ釣りの磯竿にあたりがあり、巻き上げると10センチくらいのサバでした。もうサバはいらないよ~と思いながらしっかりとクーラーで保管しました。

釣りを始めて6時間が経ち、すっかり明るくなってきましたが、相変わらずあたりは、サバのみでした。明るくなってきたので、コマセを撒きながらウキ釣りを本格的に始めました。釣り人もほとんど帰って、釣り場には私一人で釣りやすい環境でしたが、いかんせんあたりが無い。。

コマセを撒きながらじっとウキを眺めていると待望のウキが沈み、巻き上げると15センチほどのメジナでした。メジナ嬉しいけど小さいな~と思いながらしっかりクーラーで保管しました。小さいながらメジナのヒキはそこそこ良く、手ごたえのある魚に出会えた事に喜びを感じていると明らかにウキの沈み方が違うあたりがありました。急いで合わせると手ごたえ的にはかなりの大物がヒットしました。完全にこれはクロダイだと自分に言い聞かせて、格闘していると最後の取り巻きのところで、テトラに入られてしまいました。まさかここまで来てと思い、慎重にやり取りをしているとテトラで擦れて、糸が切れてしまいました。

逃がした魚は大きかったという事はまさにこのことか。と少しの間悔しさで動くことが出来ませんでした。茫然自失で、その後もあたりはなく13時に竿をしまい、帰りました。13時間ほど釣りをやって、やっと来たあたりを手にする事が出来ずにとても悔しい思いをした釣りでした。

その日は、悔しくて寝れなかったのですが、次こそはクロダイを釣る事を決めた釣りでした。

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。
つりぐ買取ドットJPレビュー

最新記事 by つりぐ買取ドットJPレビュー (全て見る)