北海道支笏湖でセミフライで大物トラウトをゲット

つりぐ買取ドットJPの東京地区担当ライターのメイフライです。 主に北海道でフライフィッシングを楽しんでいます。

これから6月に向けて、支笏湖のセミフライの時期が始まります。セミが鳴き出したら、まさしく支笏湖へGO。セミが飛び回ると、湖面に落ちるセミも増えると見えて、それを狙って50センチから60センチクラスのビッグトラウトが岸寄りします。

それこそフルキャストしなくてもいいぐらいまでの岸沿いをニジマス、ブラウントラウトが回遊するのです。この時期は下手に立ちこむと魚は警戒しますので、ポイントによっては陸からキャストしたほうが有効です。

北海道の釣り人の間では、「支笏湖のニジマスが一番強い」と言われています。私の知人が支笏湖でニジマスをかけ、アッという間にドラッグが鳴りバックラインまで引き出され、仕方なく湖岸を走って追いかけたそうです。それでやっと引き上げたニジマスは55センチだったとのこと。それこそ、メーター級の引きの強さだったのでがっかりするやら、驚くやらと話していました。

湖面にセミフライをキャストしてぽっかり浮かべているだけで、水中からガバッとくるのですが、さすがにベタナギでは見切られるようで、風があって湖面が波立っているほうが出ます。

ある時、フライを浮かべていると後ろの方から羽ばたく音が。何とカラスが、私のセミフライめがけてまっすぐ飛んでいくではないですか。もしや、カラスを釣るハメになるのか、とゾッとしましたが、カラスはフライの1m手前で進路を変えて行ってしましました。

ホッとするのと同時に、自分で巻いたフライはカラスに見切られた、と複雑な気持ちになりました。

 

 

 

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。