大型ブラウントラウトのいる川

つりぐ買取ドットJPの東京地区担当ライターのメイフライです。 主に北海道でフライフィッシングを楽しんでいます。
ある時期だけ、ある川でとんでもない大物が釣れることがあります。北海道道央の有名河川のことです。そのある支流のあるエリア、わずか2kmぐらいの場所で川幅3m程度の小支流ですが、6月の1週間にブラウントラウトの50cm以上が溜まっています。
その時期以外で、その場所で20cm程度のブラウンが釣れますが、大型が釣れたことはありません。この時期、新子ヤマメを捕食するために遡上しているのか、産卵のためか。とにかく、大型がウヨウヨしています。
友人と二人で、その川にいった時です。最初のポイントもそれほど大きな淵があるわけではなく、フラットな流れで深さも膝上ぐらいです。口先だけを水面に出す、大型魚特有のライズがポツポツと見えます。
フライをファーストキャストすると、いきなりゴボッとひったくられました。狭い川幅を左右に、上流、下流や足元と走られます。あらら、と思っているうちに下流に走られ、バラしました。50cmオーバー級でした。やれやれです。
「もう、いねえだろな」と友人が同じポイントにキャストすると、これまたゴボッとでます。今度はあまり走られずランディングできました。54cmのブラウンです。「マジ?」と、フラットな流れのもう少し先にキャスト、さらに出たのが56cmのブラウン。なんと、この狭い川のポイントに最低3匹の50cmオーバーのブラウン、最初に暴れ回られたのできっと6、7匹はいたでしょう。
その後、1kmぐらいつり上がって2人で3匹の50cmオーバーをキャッチしました。こんなこともあるんですね。まさにこの時期だけ、このエリアだけの話です。

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。