感動!!堤防で高級魚のマゴチを釣り上げる

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

暑い日が続いて、それと同時に釣りに行きたい衝動に駆られて神奈川の油壷に釣りに来ました。平日の休みで、1人でのんびりと釣りをしようと思い、いつもボートで行く釣り場ではなく新しい場所の開拓を兼ねて車で2時間かけて釣りに行きました。

出発は朝3時、はやる気持ちを抑えて、途中安定の釣り餌でもあるアオイソメを購入して、意気揚々と朝5時から釣りを開始しました。

5時になるとすっかり明るく釣り人も何人かいましたが、4.5mの磯竿にスピニングリールの相棒でもあるバイオマスターを装着して、軽く遠投気分でちょい投げしました。朝だから活性が高いのかすぐにあたりがあり、巻き上げると10センチほどのシロギスでした。

ちっこいのでリリースしましたが、その後も釣れるのは小さめのシロギスばかりでした。針を飲んでしまったシロギスはしっかりクーラーに保存して、もう一本の竿を出そうかと準備していると1本目の竿がカタカタと揺れだし、竿を持った時には、鋭いあたりが。

明らかにシロギスではない引きにドキドキして巻き上げようとしましたが、魚もそこそこ大きい様で、魚との軽いやり取りが楽しめるほどでした。5分程格闘の末に顔を出したのは35センチほどのマゴチでした。

高級魚マゴチが釣れるとは!と感動していると隣の釣り人が自分より大きな50センチはありそうなマゴチを釣り上げていました。

それを見て俄然やる気が出て、竿を二本準備してまさに臨戦態勢でスタンバイしました。しかしその後あたりが全く来なくなり、気が付いたら寝てしまっていて2時間ほど寝釣りをしてしまいました。気が付くと朝9時半過ぎていました。

12時までの釣りと決めていたので、残り2時間半でどうにかあたりが来ないかと粘っていると、残り30分ほどに再び大きなあたりがきました。巻いている感触ではかなりの大物で、これはと期待していると巻き上げるタイミングが少し遅れてしまったためか根に潜られてしまいました。

こうなると魚が出てくるのを待つしかないと魚とひたすら我慢比べをしました。30分程格闘していると魚が諦めて出てきた様子。すぐさま糸を巻き取り長い闘いを制しましたが、なんとまたマゴチでした。しかも最初のより小さいマゴチ!!釣りとしては楽しめたので大満足の結果でした。

予定時刻を1時間オーバーしてその日の釣りは終了。マゴチ2匹と小さなシロギス10匹でした。久しぶりに大物の手ごたえに楽しかった釣りでした。

次は50センチオーバーを釣ろうと心に決めて帰路につきました。

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。
つりぐ買取ドットJPレビュー

最新記事 by つりぐ買取ドットJPレビュー (全て見る)