戦慄!闇夜の海釣り

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

釣り雑誌を見ていたら不意に釣りに行きたくなり、仕事休みの日に夜釣りに行ってきました。釣りへの高揚感を抑えつつ、釣り場は、千葉県の銚子の港で、初めて行く場所だったので、不安と期待に胸を躍らせていきました。

自宅から車を飛ばして約2時間半、遠出した感じと夜という事もあり、人気のなさがまた、釣れそうな雰囲気を漂わしていました。

釣り場に着いたのが午前1時で真っ暗でしたが幸い、街灯の真下で釣りが出来たので、夜釣りとしての環境は良かったです。とりあえず安定のケミホタルをつけて、アオイソメで投げ竿として1本キープして、もう一本は電気浮きに餌はオキアミで夜釣りを開始しました。

釣りを始めてちょくちょくあたりがきたり、ウキが沈むのですが、ヒットはなかなかせずに歯がゆい時間が1時間ほど経ったときに念願のヒットがきました。テンション高く糸を巻いているとどうやら小物がヒットしているような感覚でしたが、巻き上げると釣れたのは10センチほどのサバでした。魚が見れた喜びで、サバでも小物でも嬉しかったです。とりあえずサバの頭を折ってクーラーで保存。

次の当たりを待っていると置き竿の投げ竿に大きなあたりが、慌てて巻くと思った以上に重たくなんだろうとワクワクしながら見るとアナゴが釣れていました。初めて釣り上げた30センチほどのアナゴをテンション高く触るとヌルヌルでしたが、どうにか捕まえてクーラーに保存。

その後はちょこちょこと小さなサバが釣れていましたが、気が付いたら夜があけて時間は5時に。帰ろうかなと思いましたが、水面をよく見ると魚の群れらしきものが見えたので、急いで、仕掛けをひっこすりサビキに変更して、アミコマセを餌にして群の中に投入しました。釣れたのはなんとサバでした。またお前かと言わんばかりでしたが、ひっこすりサビキでは針が6本ついているので、3匹や4匹は当たり前に釣れて爆釣モードでした。気が付いたらクーラーがサバで溢れていました。

7時まで竿を出して釣れたのは、サバとアナゴと外道のサメでした。夜釣れた時はびっくりしましたが、銚子のほうにはサメが多いのか5匹ほど釣れました。全てリリースしましたが、完全なるサメ肌でした。

その日の夜にはサバ料理をつまみにお酒を楽しみ良い釣りになりました。

アナゴはしっかり目打ちして捌きましたが割とうまく出来て、蒲焼で美味しく頂きました。

次はどこ夜釣りに行こうかと作戦を巡らせて、大物ゲットへの想像をして次の釣りに望む私でした。

 

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。