油壷でのんびりボート釣りと大物の気配

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

釣りに行きたくて仕事が手につかなくなってしまったので、釣りに行ってきました。

食べれる魚を釣りたいと思い、神奈川県の油壷に行きました。朝5時に自宅を出発して、高速飛ばして着いたのが7時でした。のんびりと貸しボート借りて釣りを行う事にしました。油壷マリンパーク付近にある貸しボートは10年以上通っている釣り場で、釣れる魚も多く一日楽しめる釣り場です。

貸しボートは8時からなので、釣り道具の準備をして待っていると、水面から大物の気配を感じてテンションが上がりました。釣竿二本のセットをして、ちょい投げ仕掛けと大物用の胴付き仕掛けでいざ釣りスタート。

貸しボートに乗り、釣り場までは50メートルほどとすぐ近くで釣りを始めました。釣り場は湾になっているので、波もなく穏やかに釣りができるので、とてものんびりと釣り出来ます。

ボート釣りで使用する竿は、使い勝手が良い用になるべく短いものを使っています。1本は、キス用のロッドバイオクラフトで、もう一本は当たりが直に感じるトラウト用のロッドで、リールは私のお気に入りバイオマスターの4000です。

天秤に重りをつけて第一投、すぐに小気味の良い当たりが来てリールを巻くとシロギスが顔を見せてくれました。油壷ではシロギスが数釣れるので、入れ食いのままシロギスを釣っていました。

今日は天ぷらだと思いながら釣りをしているとシロギスよりも強い引きがありあげてみると小さめのホウボウが連れました。時にはワタリガニやアナゴ、マゴチなども釣れるので、魚種に恵まれていると感じます。

午前中はシロギスメインで釣りをして4時間ほどでシロギスは30匹ほど釣れました。午後は駆け上がりに大物を狙いに行きました。ボートでは300メートルと手ゴキボートなので、必死に漕いでポイントに到着。2本とも胴付き仕掛けに切り替えて、丸ごとアオイソメを針につけていざ投入。

期待しながら当たりを待っていると1時間、2時間、3時間と当たりもなく大物の気配はなくなってしまいました。結局当たりもなく4時で終了しました。一日シロギスを釣っていればよかったのかなと感じたボート釣りでしたが、大物は男のロマンという言葉を胸に次は大物を釣ろうと思った釣りでした。

帰宅後、シロギスを捌き、天婦羅と塩焼きで美味しく頂きました。自分で釣った魚はより美味しく感じるものです。またそれも釣りの魅力です。油壷ありがとう、シロギスありがとう、あとは大物だけお願いしますと思いながら次の釣りの妄想へ

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。