12時間耐久海釣り

つりぐ買取ドットJPの地区担当ライターの加藤です。

仕事休みを頂戴したので、これは釣りに行くしかないと思い、千葉の館山に釣りに行って参りました。出発は、夜中の2時半で期待を込めて荷物を車に積み込み約2時間、釣り開始は午前5時。夜も良い感じで明けてワクワクしながらリールに糸を通していると、先客に大物の当たりが!!

期待度も大きく高まり、先客は60センチオーバーのボラを釣り上げていました。確かにここにはボラですが大物はいると感じ、すぐさま投げ竿の用意と浮き釣りの用意をして、魚を待ちました。すると投げ竿にすぐさま当たりが。

手応えは、あまり強い引きではなかったのですが、釣り上げたのは、15センチ程のショウサイフグでした。食べたら美味しい高級魚ですが、免許がないと捌けない魚という事もあり、悩んだ挙句とりあえずバッカンにいれて確保。

気を取り直して釣りを続行していると、浮き釣りにも投げ竿にも当たりはあるものの、釣れるのは全て食べれない魚の代表でもあるクサフグでした。せめてショウサイフグにしてくれと思いながら、全てリリース。クサフグも料理次第では食べる事が出来ると聞いた事がありましたが、リスクを犯す自信は僕にはありませんでした。

クサフグと格闘していると他の釣り人が30センチ程のイシガキダイをヘチ釣りで釣り上げていました。レアな魚に羨望の眼差しで見ていると僕にも当たりが。それは安定のクサフグでした。ちょいとしたヒキは味わえるので、クサフグも良いかなと思っていると、頑丈な歯で針ごと折られてしまい、クサフグワールドに翻弄されている僕。

気がつくと昼の12時で、釣れたのはショウサイフグ一匹とクサフグ大量、餌もまだたっぷりあったので、釣りを続行する事にしました。この日の餌として用意したのは、イソメとオキアミとコマセで、アオイソメの投げ釣りの方が当たりは多かった印象でした。クサフグですが。

昼食も忘れて釣りをしていると浮きが沈み合わせると、そこそこの引きが。期待して巻いていると、小ぶりのメジナが。15センチほどでしたが、フグではない事で良かったと思い、メジナはクーラーにて保存。リリースを考えましたが、針を飲んでしまっていた為に、夕食としていただく事に。

結局その日はショウサイフグはリリースして、お持ち帰りは、メジナ1匹でした。夕方の5時までたっぷりと釣りを行い12時間での釣果はイマイチでしたが、自然を感じられた事もあり、リフレッシュ出来た釣りでした。

大物が釣れる場所を研究してリベンジを誓う釣りでした。

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJPレビュー
web釣具買取屋のつりぐ買取ドットJPスタッフやライターによる釣行記、釣具、釣具関連商品のレビューやテクニックなど様々な事についてお知らせしています。