小川 ヴィガス でソロキャンプを楽しんだ。

ソロキャンプテント探求の旅 第1回 小川ヴィガス

シーズン入り前からテントに関するサイトや動画をあれこれ見ていて、僕の予算感としてはちと値段が、いや、「かなり」値段が高いのだが、ビビビと感性にハマった「小川のヴィガス」というテントをソロキャンプ用のテントとして思い切って購入し北海道、道東の夏で利用しましたブログレポートであります。

※ちなみに大前提としてヴィガスはソロキャンプを想定して作られてはいない。2~3人用の使用を目的として作られたものであります。だから一人で組み立てて設営しづらいなどとのたまっているのは筆者の自業自得であります。

小川 ヴィガス買ってよかった点!

・前室が広いのでタープいらない。しかも3方向メッシュ。
・前室が高いので着替えが辛くない。(私身長約180センチ)
一人でゆったり使える感。このサイズ以上だとソロだと厚かましい
・テント生地がシワになりにくい印象
・さすが小川テント!縫製など作りしっかりしている感じで長く使えそうな感じする。

小川 ヴィガス買って不満でもないけれど・・

テント全体のボリューム感に比べてインナーテントが意外と狭い。(私身長約180センチ)コットで寝ると顔前にインナー生地の圧迫感ある。
・インナーのベンチレーションがちょっと足りない感じがする。
・ポールが長かったり、ポールの指すところがちょっと分かりづらかったりして慣れるまで設営にやや手こずる。(3回目位で慣れた)
・ランタンフックがテント中心部についていない。

小川 ヴィガスをソロテントとして利用した印象は?

ソロキャンプでも2泊以上などの連泊が多い場合は、バッチリニーズに合っていると思います。 自分が買う前の「ソロキャンプだし自由気ままにゆったりと過ごしたい!ならばこのスペース感が必要!」と思っていた気持ちはきっちりと満たされました。 しかし、僕の場合は1泊キャンプが多く(しかも夕方5時出発、翌朝7時帰りパターン等(涙))こうした1泊ソロが多い方の場合はもう少し設営がかんたんに出来てコンパクトなテントでもいいかな~と感じております。という事で、小川テントヴィガスはソロキャンプだと2泊以上の場合はおすすめという感じですね。 結構重量もあるので、移動手段は車がおすすめです。 あと、できればキャンプ本番前に一度設営したほうが良いテントですね。僕は練習しないで行ったら、設営に手間取ってしまって、周りのキャンパーさんに心配されて手伝われてしまいました(笑)

小川 ヴィガスのお写真コーナ

前室をフルメッシュでタープ代わりに使える。

後ろ姿も独特でかわいい形。

斜めヨコ テント後ろ側は絞られたデザインだ。場所はキトウシ野営場

横から見たところ、天井部分が高く印象的。

意外とコンパクトな収納サイズ、重さは9kg

ヴィガス室内から見た道東野付半島の青空

The following two tabs change content below.
つりぐ買取ドットJP
釣具買取専門店 宅配買取で全国対応 査定,梱包キット,引受送料が全て無料!釣り具買取を専門査定で応援! 2007年創業 0570-026-585 お気軽にご相談下さい! https://www.turigu-kaitori.jp/