釣コラム・豆知識」カテゴリーアーカイブ

フライフィッシングって何?

フライフィッシングは聞いたことはあるけど、やったことはないという人が多い釣りではないでしょうか。釣り場所が限られているのと、専用のタックルが必要ですので、あまり馴染みがないかもしれません。今回はフライフィッシングについて解説しますので、これを機にはじめてみませんか。

■フライフィッシングとは?

フライフィッシングとは、フライと呼ばれる昆虫を模した毛針を使って行う釣りのことです。名前からもわかるように日本発祥の釣りではなく、欧米発祥の釣りになります。フライフィッシングはおもに渓流でする釣りで、普通はニジマス・イワナ・ヤマメ・ハヤ・オイカワなどを対象とします。多くはありませんが、ブラックバスやブルーギルといった魚が狙われることもあります。そして実は海で使われることもあり、そのときはシーバス・ヒラメ・メバル・シイラ・カツオ・マグロといった魚がその対象となります。

■フライフィッシングの特徴
自作もできる毛針

フライフィッシングは欧米発祥の釣りとお伝えしました。欧米と日本では生息している魚も、その魚が捕食する虫の種類も違います。そのため、日本の魚に合わせた毛針を使用する必要があるんですね。フライフィッシングを嗜む人の中には、自分で毛針を自作する「フライタイイング」をしている人もいます。自作の毛針で釣ったときの喜びは、既製品で釣ったときと比べ、喜びが何倍にもなるといっていいでしょう。

特徴的なキャストの仕方

フライフィッシングはラインと毛針だけのシンプルな仕掛けで、おもりがありません。通常の釣りでは、仕掛けにある程度の重さがないと遠くまでキャストすることができません。毛針には重さがありませんが、ラインにある程度の重さがあり、それとロッドのしなりを利用して遠くまでキャスティングします。狙った場所に上手にキャスティングできるようになるには、ある程度の練習が必要になります。ラインをたくみに操ってキャスティングする様は美しく、フライフィッシング唯一のものです。

毛針の操作

毛針は昆虫を模したものですので、いかに魚に本物の虫と勘違いさせるかというところが、釣れるかどうかの大きなポイントになります。ルアーフィッシングと似ている部分もありますが、フライフィッシングでは川の流れを読んだり、昆虫の自然な動きを演出することで魚を釣っていくのです。多くの渓流の魚は透明度の高い水に住むため、その姿を目視で見つけられることも多く、魚に気づかれないように目の前に毛針を落として、釣り上げるという楽しみ方もあります。

フライフィッシングの釣り道具
フライロッド

フライロッドはフライフィッシング専用の竿のことです。フライロッドは番手があり、その番手によって使用可能なフライラインが決まります。例えば、1番のロッドなら1番のフライラインを使うといった具合です。どの番手にするかは、釣りたい魚で決めるといいでしょう。初心者はイワナ・ヤマメ・オイカワなどがメインになると思いますので、1から4番手を選びましょう。もう少し大物を狙うようになったら、それ以上のものに手を出していけばいいでしょう。

ティムコ(TIEMCO) ユーフレックス・インファンテ 763-4 ブルーグレー

フライリール

フライリールは、一般的によく使われているスピニングリールなどとは少し違った形をしています。タイコリールに似ていますが微妙な違いがあります。魚がヒットしても、基本的には普通のリールのように巻かず、糸を手でたぐり寄せることで、魚を釣り上げます。もし大物がかかったときは、リールを巻くこともあります。フライリールも使用できるフライラインが決まっているため、ロッドが決まれば必然的にラインやリールが決まる形になります。

ティムコ(TIEMCO) リール オービス 7H9R BNK バテンキル クリック II リール

フライ

フライは餌と針がセットになったものです。初心者は既製品を買うほうがお手軽です。狙う魚や状況によって適切なフライも変わってくるため、セットになったものを持っておくと色々試せていいでしょう。

ティムコ(TIEMCO) ルアー ドライセット ADWパラシュート ライトカラー #12

タイイングバイス
ある程度フライフィッシングに慣れてきたら、ぜひタイイングにも挑戦してみてください。釣りの楽しみの幅が広がります。

ティムコ(TIEMCO) タイイングバイス アンビル アトラス

タイイングマテリアル

タイイングマテリアルは、タイイングに使われる針や鳥の羽や動物の毛などの装飾品のことをいいます。フライフック・タイイングスレッド・ハックル・ダビング材・ビーズなど様々なパーツから構成されています。まずは自分が作りたい昆虫を決め、それに似た材料を集めていくといいでしょう。

ティムコ(TIEMCO) タイイングマテリアル メッツ コックネック ハックル 1/2

ウェーダー
ウェーダーは、オーバーオールのような形をしていて、着ていると防水効果で服が濡れません。ウェーダーは体が濡れるのを防ぐだけではなく、体温が下がるのを防ぐ役割もあります。気温が低い時期は体温の低下により気分が悪くなる可能性もありますので、安全な釣りをするためにウェーダーを着用することをおすすめします。

プロックス ウェーダー ブリザテックポリカウェダー(チェスト/ストッキング) PX3253L

■まとめ
フライフィッシングで釣る魚たちは、多くの場合きれいな水の川にしか生息せず、そういった場所は得てして自然が豊かです。木々に囲まれ、静かな自然の中でするフライフィッシングは、もし釣れなくてもそれだけで満足できるものです。是非挑戦してみてください。

ヘラブナ釣りの楽しさ

ヘラブナ釣りは近年楽しめる場所が減ってきている地域もあると聞きますが、それでもまだ根強い人気を持っています。そんなヘラブナ釣りの魅力はどんなところにあるのでしょうか。わかりやすく紹介していきます。

■ヘラブナ釣りの楽しさ
ヘラブナ釣りははたから見ると、じっくりと浮きが沈むのを眺めて、アタリがあったら合わせるという動作は、ほかの釣りとまったく変わらないように見えます。ですが、実際にはへら師はそんな単純な動作の中でも状況を見て多くの判断をしています。

例えば、プロのへら師と中級レベルのへら師が並んで同じ釣り方をしたとしても、釣果に差が出ることは珍しくありません。ダンゴエサの配合、ハリスの長さ、浮きのバランス、アタリの見極めなど、長年の経験やテクニックといったものが表れやすいのがヘラブナ釣りで、これも魅力の一つといえるでしょう。

ヘラブナのアタリは小さく、冬などは特にアタリがわかりづらいこともありますが、春や秋には多くの場合なんらかのアタリがあり、それだけでも楽しめます。アタリを待ちながらヘラブナ釣りならではの静かな雰囲気を楽しむのもいいですが、比較的頻繁に何らかの反応があるため、楽しさが持続するというメリットがあります

アタリがあったときは見逃さず、絶妙な速さで一瞬にして合わせないとエサを取られるだけで終わります。ほかの釣りでもそのようなコンタクトがありますが、ヘラブナ釣りにおいてはまた少し違った繊細な感覚があります。

ヘラブナ釣りが楽しめる場所
ヘラブナ釣りは大きく分けて、釣り堀や釣り池公園などの管理された「管理釣り場」で釣る場合と、管理されていない池や湖などの「野釣り場」で釣る場合に分かれます。管理釣り場は確実にヘラブナが放流されており、野釣り場よりも釣りやすいのが特徴です。釣りは魚が釣れたときにもっとも楽しさを感じるものですので、初めのうちは釣りやすい管理釣り場から始めることをおすすめします。無料で釣りを楽しめる釣り堀や釣り池もありますので、道具をそろえれば気軽に始められるところもいいですね。

■ヘラブナ釣りで使われているユニークな道具
自分だけの道具を持つということも、ヘラブナ釣りの楽しさといえると思います。なぜなら、釣竿にしても独特ですし、竿掛け、箱雅などほかの釣り道具とは少し違ったものや芸術的な面もあり、コレクションのように集めてしまう人もいるぐらいです。

へら竿
へら竿はヘラブナ釣り専用の竿です。通常の釣竿に比べて組み立て式で、多少変わった形をしています。ヘラブナ釣りでは普通の釣りのようにリールを使いませんので、リールを取り付ける場所がないのも特徴です。サイズは「尺」で表され、1尺は約30センチになります。8尺以上の竿を買うようにするといいでしょう。現在はカーボン製が主流ですが、伝統的な竹竿も独特な使い心地があり、さらに芸術的な美しさもありますので、慣れてきたら手を出してみたいものです。

シマノ(SHIMANO) へら竿 刀春(とうしゅん)

竿掛け
竿掛けはへら竿を一時的に掛けて(置いて)おくための道具です。ヘラブナ釣りではエサをつけるときなどに頻繁に竿を置きますので、竿掛けは必需品です。注意点として、竿の長さと合っていない竿掛けを使っていると、アワセのときなどに水に浸かった竿に大きな負担がかかり、竿を折る原因にもなりますので、竿に合ったものを選ぶことが重要です。

竿受け
竿受けは竿掛けの先端に取り付け、竿をより受けやすくするパーツです。

万力
万力は竿掛けをへら台などに固定するためのものです。負荷がかかる竿掛けをしっかり固定するために、質の悪いものを購入しないようにしましょう。悪いものだと竿が池に落ちてしまう可能性があります。竿掛け・竿受け・万力はセットで売られているものもあるため、これを買うのが便利です。

へら 芳技一本半竿掛け万力セット(口巻・笛巻)

玉網、玉の柄
玉網と玉の柄(玉網の柄)はヘラブナを釣り上げるときに使うものです。なくてもヘラブナ釣りは楽しめますが、片手で竿を操りもう一方の手で玉網を使い魚をすくうというスタイルがヘラブナ釣りの特徴でもありますので、それも込みで楽しむとよいでしょう。また、玉網を使うことで、へら竿への負荷を減らすこともできます。玉網と玉の柄はバラのものとセットのものがあります。

ヘラブナ玉網セット 芳技 玉ノ柄 1本物 + 籐巻き加工 木製ヘラ玉網 尺(30cm)3ミリ目 180サイズ

玉置
玉置は玉網を掛けておく道具です。必須の道具ではありませんが、魚をすくって一時的に置いておく場合などに便利です。

竹枠玉置28cm 80サイズ

箱雅
箱雅は浮きなど、ヘラブナ釣りの道具を入れておく木製の小物入れです。ほかの道具箱でも代用できますが、ヘラブナ釣りの雰囲気を楽しむために使ってみるのもいいでしょう。職人に作られたものは芸術的な品が多く、基本的には高価です。

箱雅 欅玉杢 耳順造り ハリス箱幅広70㎝

浮き
ヘラブナ釣りの浮きはとても重要なアイテムで、あらゆる棚(深さ)を探るために様々な種類の浮きを用意すると釣果を上げられます。

へら浮き 希粋(きすい) カヤ チョウチングラスムク 7本セット

針外し
針外しはその名の通り、魚にかかった針を外す道具です。自分で外せるなら必ずしも持っておく必要はありませんが、へら用のものはやはり独特なフォルムなので、コレクションとして持っておくのもいいかもしれません

釣り用 ハリハズシ (600023)ヘラブナ

ほかに必要なものは、ライン、針、エサやエサを作るためのボウルなどがあります。

■まとめ
実際の釣りでも道具収集でも、ほかの釣りとは一風変わった魅力や楽しさを持ったヘラブナ釣り。釣り道具においても芸術的でコレクション要素が強いのは、ヘラブナ釣りの隠れた特徴といってもいいでしょう。ぜひそれも含めて楽しんでみてください。

北海道の鮭釣りについて

釣りにもさまざまな種類があり、狙う魚によっても釣り方が変わってきます。

日本は海に囲まれていますので、釣れる魚の種類も豊富です。

しかし、鮭が釣れる地域はそう多くはありません。

今回はそんな北海道の鮭釣りを紹介します。

一度鮭釣りの魅力を知ってしまうと、釣り好きの人なら北海道に行ってでも鮭釣りをしてみたくなるかもしれませんよ。

■北海道の鮭釣りとは?

鮭の特徴は、川で生まれ海で4年ほど過ごした後、再び産卵のために川に戻ってくるというところです。
日本には秋鮭(アキアジ)、シロザケ、トキサケ、トキシラズ、ギンマスなど、さまざまな呼称の鮭が流通していますが、鮭釣りでよく対象となる鮭は秋鮭(アキアジ)と一般に呼ばれます。

シーズンの秋になると北海道の沿岸では、河口付近に寄ってきた鮭を狙って多くの釣り人で賑わいます。
鮭は基本的に河川での釣りは全面的に禁止されています。
海への出口である河口も、一部の場所を除いたほとんどが規制の対象になっていて、防波堤・磯・船上などから釣るのがメインになっています。

なぜ禁止されているのかというと、前述のとおり鮭が川に戻ってくるのは産卵をするためだからです。

卵を持っている鮭が多くの釣り人に釣り上げられてしまうと、新しい命が生まれず、鮭の個体数が減少することになります。
それを防ぐために禁止されているのですね。
万が一河川で釣ってしまうと、密漁となり最大で6ヶ月以下の懲役と10万円以下の罰金という処罰が課されますので注意しましょう。

■北海道の鮭釣りの魅力

鮭といえばやっぱり北海道というイメージがあると思いますが、やはり一番あがっているのは北海道です。
ですが、他に青森や新潟でも鮭は見られ、意外なところだと山口県・福岡県・千葉県などでも見られます。
ただしやはり数は多くないようです。
鮭の平均サイズは70〜80cm、重さ3〜5kgですが、大きいものだと90cmを超えたり10kg前後にもなる個体もいます。

そんな鮭釣りの魅力はやはり、強烈な引きの強さでしょう。
真っ向からの力と力の勝負は大物を狙う多くの釣り人を魅了しています。
少しでも気を抜けば体を持っていかれることも珍しくなく、竿が折れてしまうこともあります。
また、鮭の活性が極端に下がってエサに興味を示さないときは、絶妙なアプローチで誘うテクニックも必要になります。
このあたりも鮭釣りの魅力といえるでしょう。
もちろん、釣り上げた鮭をおいしく味わうのも醍醐味のひとつです。

■鮭釣りの種類とタックル

鮭の釣り方として代表的なものは、大きく分けて「浮きルアー釣り」「ぶっ込み釣り」「フカセ釣り」の3種類です。
それぞれの釣り方に面白さがあり、その違いを楽しめるのも鮭釣りの魅力になります。

●浮きルアー釣り

浮きルアー釣りは、ルアーに浮きをつけるという本来の釣りでは使わない組み合わせの仕掛けになります。
これは難しいテクニックが必要ないため初心者にもおすすめな釣り方です。
必要な道具は鮭用ロッド(釣竿)です。
10ftくらいが初心者にも扱いやすいです。
ミディアムハードかハードを選びましょう。

リールは4000〜5000番の丈夫なスピニングリールがいいでしょう。
鮭はヒットしてから走ることも多いため、ドラグがしっかりしたものを選ぶのがおすすめです。

ラインはパワーのあるアキアジにも対応できる強度のものを選ぶ必要があります。
PEラインだと8本ヨリのものが抜群の強度で人気です。
そして仕掛けですが、以下のようにすべてセットになったものを買うと面倒な手間が省けて、すぐに釣りも始められるためおすすめです。

エサは赤イカ、カツオ、さんま、フクラギなどが定番となっており、どの釣り方でも共通して使えるエサになります。
浮きルアー釣りは、一定の速度で遅く巻くことで、鮭に対してアピールしていきます。

●ぶっ込み釣り

ぶっ込み釣りは別名投げ釣りとも呼ばれ、釣りではポピュラーな釣り方です。
鮭釣りでは、フロートという浮きに似た発泡スチロール製の棒を仕掛けに用います。
ちゃんとしたフロートは少し値段が高いため、自作する人も多い仕掛けです。
ロッドやリールは浮きルアー釣りと同じもので構いません。
おもりは40〜50号を使いましょう。

●フカセ釣り

フカセ釣りと聞いても知らない人がいるかもしれませんが、これは浮き釣りのことです。
ロッドやリールはほかの釣り方と共通のものを使えます。
フカセ釣りの仕掛けはシンプルで、浮きの下にタコベイトと針をつけただけのものです。
これもセットになったものがあるので、お手軽に楽しみたい人にはおすすめです。

■まとめ

北海道などの一部の地域でしかできない鮭釣り。
「やってみたい!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

釣りは目的の魚が釣れると大きな達成感が得られ、最高の楽しみになります。
今回の記事を参考に鮭釣りを試してみてはいかがでしょうか。